K多浪の行けたら行きます

23歳童貞のフィロソフィー

第24回:世界史受験のススメ

ジャンボ!✋🏻

 

ジャンボってのはアフリカでいうところの「こんにちは」なんだけど今回は主に中国についてのお話です。

 

先日、家から徒歩10分位のところにある美術館に行きました。

今回の企画展示はコチラf:id:fgkaeh:20161205203212j:image

 

いや〜。

正直ね、全く興味なかったんですよこの展示。

たまたま母が無料観覧券持ってたから行っただけだったんですけど、終わってみたらめちゃくちゃ良かったです。

 

 特に感動した展示は契丹文字

世界史の教科書で見た写真の実物が目の前にあることに感動しました。

それと共に歴史を生々しく肌で感じることができたのでよかったです。

他にも漢字が刻まれた兵馬俑、中国史唯一の皇帝と言われている則天武后の文字、書聖と名高い王羲之の模写など、世界史を学ぶ上で何回も見た偉人の名が多くあり、本当に世界史を勉強して良かったと思いました。

まさかこんな所で知識が生きるとは思ってなかったので、勉学って大事やなぁ〜〜と心の底から思いました。

やなぁ〜〜を使ったことに大した意味はないです。

 

 

ちなみにこの展示、珍しく写真撮影が許可されている展示でした。

みなさん思いのままにパシャパシャ撮っていたのですが、あれって帰ってから見るのかな。

写真でみるならカタログや本と変わらなくね、と思ってしまうのですが…。

普段とは異なった空間で展示を観るのは正直しょっぱかったですね…。

携帯のカメラ音うるさすぎんねや…

 

そしてこちらの美術館、常設展もやっていました。

その常設展にある絵がまあいいこといいこと。

私の好きなシュルレアリスムを代表するデ・キリコルネ・マグリットの絵があったのには興奮しました。

企画展と違って常設展には人が全然おらず、1つの展示室に私と学芸員しかいない、みたいな時間もありました。

 

本来なら六本木の国立新美術館で行われていたダリ展も行きたかったのですが、結局行けずじまいでした…。

 

 

美術館は楽しいのであまり行ったことない人は時間がある時に是非行ってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって彼氏彼女を「相方」呼びする人についてです。

自分達が思ってる以上に周りはしょっぱい思いをしているのでやめることをオススメします。

ドヤ顔で「相方がさ〜〜」とか言ってる人みると私なんかは「(お、吉本興業かな?)」などと思ってしまい、話がややこしくなるので気をつけましょう。

 

 

 

以上。おわり