読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

K多浪の行けたら行きます

22歳童貞のフィロソフィー

第13回 : 47RONNIN

フィジカル、って言葉でギャグやって、

と言われてフィジー諸島とかけようとする人はユーモアが無いです。

 

どうもこんにちは、僕ならフィジオ35というインテリ度数の高い高度なギャグを展開します。

フィジオ35は輸血溶液の名前です。

職がバレそうなので詳細に関しては控えさせていただくのですが、僕は文系の大学生ですあっ。

というか、冷静に考えなくても全然面白くなかったです。

てかなんでフィジカルでギャグやんだよ。脳筋かよ

 

はい、という訳で彼女が出来る気配がなさすぎて最近出会い系を始めたK多浪です。

出会えません。

もう手段がない。

 

 

てか出会い系とか死ぬほどどうでもいいんですけど、さっきから乗ってるバスがヤバい音するんですよね。爆発しそう。

死因がバスガス爆発による爆死、だったらちょっとお通夜で笑いが生まれそうですよね。

生まれねえか。不謹慎だ。

 

今回は浪人時代の話でもしますか。話題が浮かばな過ぎるんですよね。

 

話すとしたら一浪時代の話ですかね。

浪人生は是非参考にしてみて下さい。きっともう一年浪人することができます。

二浪時はバイト、ラブライブミルキィホームズ、時々勉強と言っておけば大体事足りるので割愛します。ロクでもねえな。

 

まあ、一浪時代と言っても全部話すとなるとウン万字になってしまうので、色々掻い摘んで話すんですけど、

自分、宅浪だったんですね。簡単に言うと予備校に行ってないってことです。

完全に独学。自分のやる気次第でなんとでもなる。そんな感じ。

まあ、当時も薄々気づいていたし、今の自分が当時の自分に言葉をかけるとしたら

「宅浪はやめときな(..◜ᴗ◝..)」と言いたいです。

なぜかは察して下さい。そんなに難しくないと思います。

 

まあ、最初の方は一人暮らし始めた友人の家に連泊したり、大学に馴染めない友人のグループラインを見たりしていい感じに常時気分転換できていたのですが、

夏休み超えたあたりですかね、案の定精神的にキツくなってくるんですよ。

少し日が短くなって、肌寒さを感じる季節になるともうダメ。

特に天気の重い日なんかは毛布にくるまってGYAOで配信されているアニメを見る日々。

そして、浪人生の監視を目的としたtwitterアカウントを作って、他の浪人生の進捗状況を見て息抜きをする。なぜかフォロワーがめちゃ増えたのですが、今思えばあの頃の自分が全盛期でしたね。面白さ的にも吹っ切れ方的にも。

 

 

そんな中、精神年齢がまだまだ思春期まっしぐらの私にあの季節がやってきます。

そう、クリスマス。

もちろん彼女なんていない私はクリスマスの数日前からどれだけ英語の点数を上げるか、

 

ではなく、どれだけ面白いツイートをぶちかましてやるかを熟考していました。

もうこの頃から二浪感が漂ってますね。

 

私はまず、1人焼肉をカマしてやろうと思いました。昼から。

結果的には地元で共に浪人していた友人と行ったのですが、twitterには如何にも"1人できた"風の写真を上げました。3浪ツイッタラーに「金持ちなんやなあ!」とキレ気味に煽られたのを覚えています。

冷静に考えて"3浪ツイッタラー"って文字列ヤバくないか?

 

まあ、当時受験料と学費を稼ぐためにアルバイトしていたのもあってお金はあったんですけどね。自分も精神状態が普通じゃなかったので3浪を煽り返した記憶があります。

彼は後日サーチかけたら4浪していましたね。

がんばwww

 

で、焼肉食べた数分後、「1人焼肉しただけだとなんも面白くないなぁ」と思った自分はなぜか焼肉屋の駐車場でうつ伏せになった写真を撮っていました。

なぜそんな狂行に走ったのかまあ意味わからないのですが、当時の自分は面白いと思ったんでしょうね。

twitterに意気揚々と「クリスマスを全身で感じる僕」的な文章と共に載っけたんですよ。

多分遡ればあると思うんですけど、

普通に友人にガチ心配されました(笑)

 

もうね、笑、じゃなくて(笑)よ。

ちょっと話が脱線するのですが、笑と(笑)ってニュアンスに違いがあると思うんですよ。

 

自分、笑、は普通に面白い、とか笑い、的な感じで使うんですけど、

(笑)はどちらかと言うと冷笑的というか、乾いた感じ、ニヒル的な要素を含んだ笑いとして使用しているんですね。

 

これ、地元で割と尊敬してる賢い友人にはわかってもらえたんですけど、一般的にはどうなんですかね。みんな気にしてないかな。

まあ、なにが言いたいかと言うと、自分は文面でのやり取りの時に(笑)使われるとちょっと凹みます。

ってだけ。ややこしいね。

 

 

はい。話は戻って、一浪時代の冬、私はコラ画像を作ることにハマっていたんですね。

焼肉屋の駐車場でクリスマスを堪能し、夜、

クリスマスイブ〜クリスマスの所謂「性の3時間」とかいうやつ。

今となっては本当にどうでもいいのですが、当時の私としてはもう一大事。

 

この時間帯にめっちゃ面白いことしてやるぞ。

 

と意気込んでいました。

まあ、寒かったので結局なにもしなかったのですが、このまま0:00を迎えるのもなんか釈だったのでコラ画像を作ることにしました。

 

特に思いつくこともなかったので、とてもシンプルな画像を作成して0:00に貼っつけてやりました。もちろんtwitterに。

 

その画像が、コレです。

f:id:fgkaeh:20160725162033p:image

 

暇かよ。てね。

ちなみにまあまあウケは良かったです。

 

 

そんな感じで一浪時代を過ごしました。

まあ、二浪時において唯一語れる小噺は友人と3人で奥多摩付近の川に遊びに行き、川に入る直前にズボン脱いで私のスクール水着に包まれた極潤のプロポーションを披露したところ、川辺に寝そべって快楽天ビースト(わからない人はググッてみよう!)を呼んでいる友人に「うわー、一緒に居たくないな」と言われたことですかね。

どっちもどっちや。

あ、ちなみにスクール水着はもちろん男性用です。

流石に女性用は無理です。

まあ、この前アイドルのライブ行ったら女性用スクール水着の日焼け後自慢してる男オタクいたんですけどね。普通に面白かったからなんか悔しかったです。

 

そんなこんなで浪人生活を経て、いまや晴れて東大に通っています。

ね。東、という文字が入っている大学は全て東大ですからね。

なにも東京大学とは言っていないので調子こいて変な解釈をなさらないよう。

 

全国の浪人生の皆さんは参考になったでしょうか。

一つだけガチアドバイスをするとしたら、宅浪する人でメリハリがつかない人はバイトなりしてお金貯めて、海外にワーホリとか行ってみると良いと思いますよ。

まあこれは私がどうせ二浪するならやっておけば良かったな、と思ったことなんですけどね。

就職するつもりで二浪しているなら尚更大学入ってから海外とか旅行程度でしか行けなくなっちゃうから。

特に英語とか極めちゃえばSFCで英語受験できるしね。

 

 

はい、まあこんな感じなんですけど、もし私の浪人時代についてもっと詳しく知りたい女性の方がいらっしゃれば「好きです」の文字列と共にメッセージお待ちしてます。

男性の方はまあ、今やってることスパッと辞めて実際に浪人してみたら良いのではないでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

ちなみに題名はトムクルーズ主演の映画、47ローニンです。

見てないけどね

 

 

 

 

第12回 : 日常回

日常回です。

 

とりあえず7月14日木曜日、目の前で起きたことを書いていこうと思います。

 

朝、7:30に起床。この時点で1限に間に合わない。キレそう。

家のプリンターがなぜかパソコンと喧嘩して印刷出来なくなったので、今日は早く行って2限に提出する提出物を印刷しないといけない。

 

8:00髪の毛をセットするのが面倒すぎてソファに横になる。

 

13:00起床。どうやら二度寝してしまっらしい。

本当に悲しい気持ちになった。

とりあえず15:00から始まるバイトに向けて準備をする。

 

14:15 出発。暑いが曇があるせいか、雨が降るからだろうか、風が吹いていて気持ちいい。

こんな日はアヴリルラヴィーン聴いちゃう。

 

バスにのる。なんだか服装と聴いてる曲があっていなかった気がして小っ恥ずかしくなってきたので曲をJay-Zに変更。

 

近所の女子大の生徒であろう乗客、可愛い。その大学の生徒で可愛い子を本当に驚く位見たことがないのだが、初めて見た。なんだか世界が広がった気がした。

 

途中のバス停で大量のご老人集団と遭遇。

最悪である。

ご老人集団が来る=座りたいけど席を譲らなければならないのかという理不尽な罪悪感に苛まれる

という方程式が成り立つ。This is 最高にちょうどいい厄介。

ただ、自分は後ろの席の端の方に座っている。

譲るに譲れない。だから譲らない👐(´◉◞⊖◟◉`)

 

妊婦や子連れには素直に譲れるけど老人だと尻込みするのやめたいな、あ、今日の晩御飯何作ろうかな、よし、ごまかせた。

 

目の前のカップルが自撮りのツーショットをバスの中で撮り始める。いいな。俺もこういうことしたいな。でも、自撮りのツーショットは絶対バスのなかで撮れないな。そもそもどこにいてもあまり撮らないのではないか。じゃいいや。

なんかもうお幸せに、といった感じ。

 

バイト中土砂降りの雨が降った。

バイト先のモデル級にキレイな後輩と心配になる位愛想のいい後輩と雨ヤバいトークをした。

中学時代、土砂降りの中チャリでびしょ濡れになりながら帰る途中、車のタイヤ止めに突っ込んで1回転した友人を思い出した。あの時のタイヤがパンクする音は未だに覚えている。テロかと思う位どンッって音だったからね。

 

 

帰りのバス停。12分待ち。キレそう。こんな時はJay-Zの99 Problemsを聴く(たまたま次の曲がそれで他の曲選ぶのが面倒くさかった)

ベストアルバムだから次の曲がEmpire State Of Mindなのがミソ。

 

バス到着2人掛けの席しか空いてない。座る。

結構みんな人を選ばず、2人掛けの空席に座って行く。俺の隣には美女が座らないかな。

ソワソワしてたら来た。超がつくほどかわいい女子高生。俺の地元方面にこんなマブい子がいたのか。きっとこの子の人生イージーなんだろうな。とか思ってた。座らない。立つ。知ってた。

Alicia Keys、サビ歌う。ちょっとうるせえなと思ったけど心の傷に沁みた。

バス出発。俺の隣、空席。同じく空席作った斜め後ろの男子大学生位の人と目があった。こっちみんな。

 

次のバス停、人が乗ってくる。

俺の隣、埋まる。オッ、と思ってみる。

中年のサラリーマン。まあ、人生こんなもんよ。寧ろ座ってくれてありがとうといった感じ。

 

BGM変更、KORNのThe Path Of Totalityとかいうド名盤を聴きながら帰ることを決意。

 

そろそろ降車、ボタンを押して降りる旨をそこはかとなく隣のサラリーマンに伝えられる格好の手段。

押す。と思ったら先を越された。

俺の行き場を無くした左手はとりあえず工藤静香のモノマネをすることで事なきを得た。得てない。

とりあえず財布を出す。実際これだけで詰み確。チェックメイト

 

降車、ここでミュージックプレイヤーの音量を上げる。俺のバイブスも上がる。

 

 

帰宅。ボリュームを下げる。俺のバイブスも下がる。

おかえり、の声は聞こえない。なぜなら親は今日から5日間旅行なのだそうだ。

連れ込む人もいないし予定もないので、この実質一人暮らし状態を有意義に使うことはできない。悲しみ。

 

ただ、考え方を変えれば、言わばこれは"ホームアローン状態"なワケ。

なんでも出来る。今なら玄関からダイブして匍匐前進してゴロゴロしながらポテチ片手に趣味に興じれるってコト。

とりあえず適当な音楽アプリを起動させ、うどん茹でながらEDM聴いて踊る事から始めた。

 

んで、茹であがったうどんの湯切りの時にやるワケ、天空落とし。

案の定うどんがシンクにちょっと落ちて切ない気持ちになるけどそんなこと気にしてらんない。想定内。

とりあえずザルに入れて揉み海苔をパラパラ、ではなくゴッソリ入れる。

 

そして氷につけておいためんつゆにつけて一気に吸い込む。うまい。BGMをランダムにしてたこと忘れてたからこの時にかかってた鈴木このみとどっちがうまいかって言ったらわからないけど、とりあえず最高。あ、上手いと美味いがかかってるよ。わかったかな?

 

ビールが欲しくなってきた。キュウリもあるし。

 

ちなみに食べる時はちゃんと座って食べるよ。流石に踊らない。

音楽は聴くけど。食べる時に音楽聴くの良しとしない上流階級の方もいると思うけど、ワインとかは聴いてる音楽で風味変わるらしいし、俺は好きだよ、音楽聴きながら食べるの。まあ、ワインじゃなくてうどんなんだけどさ。

 

 うどん完食。海苔のカスが残っためんつゆを見てなんか勿体無いなと感じる。

そうだ。

ここで俺、冷凍庫で凍らせてあったお米をレンジへ。

待機中の音楽はもちろんBoys Noise。

 

チーン。

 

最高にHOTになったご飯をめんつゆfeat.海苔カスにドーーーーーン!!!!!!!!

卵をドーーーーーン!!!!!!!!

鰹節をドーーーーーン!!!!!!!

海苔をドーーーーーン!!!!!!!

最後にAJINOMOTOを少々。

 

はい。完成。TKG。

昆布と鰹と卵と海苔の夢のコラボ。文句なし。

一口目を食べる頃には曲もラストスパート最高のバイブス。

一口食べた後にかかる曲、MobyのBlue Paper

 

この曲順でお気に入りしてた自分を誇りたい。そんな最高の気分。

さながら21世紀美術館の天を測る人の如し感情

 f:id:fgkaeh:20160715001513j:image(左下のコイツ)

 

ラストスパートでかきこみすぎて米が変な所に入って噎せたけどこれもまた一興。

 

ごちそうさまでした。

 

食後にかかる曲、This Wild Life の History。

もうね、1日のエンディングよ、コレ。

どこで聴いても気持ちいいんだけどね。

 

はい。エンディングかかったから今日はもう終わり。

皿洗って風呂入って適当に部屋片付けて寝ます。

今日こそはソファじゃなくてベッドで寝るぞ。

明日は朝からバイト。

起きれるといいな。いや、起きねえとヤバいわ。

 

以外と楽かったから次はバイトない日でやってみたいな。

 

 

おやすみ

 

 

追記

寝坊しました。出勤時刻の5分前に起きました

 

 

第11回 : 厄介オタクはみんなクソ

題名の数字を漢字で書くのやめます。
野暮ったいしね。

 

完全に某アイドルの影響なのですが、僕が挨拶する時は「おへろ〜」と言いたい。あわよくばそれを定着させたい。そんなことを最近思っています。おへろ〜^ ^

 

 

 

はい、今回は常日頃思っている疑問をぶつけていきたいと思います。

 

結構前から見る度にクソだな〜〜〜と思うものがあるんですけど、

 

個人的な意見を反映させまくりのファッションブログってクソじゃないですか?

 

僕がここで題材にしたいのはvogueとかファッションプレスのように業界に精通した一流ライターの記事ではなく、あれです、ネットで「男子 私服 ダサい」とかで良く出てきがちな「ダサい服装ランキング」的な奴のことです。

 

まあ、ここまでの流れで今回の内容がdisにまみれたモノになるのは目に見えて明らかなのですが、少しでも穏やかに更新できればいいな、と思っているのでドロリッチ飲みながら更新します。

 

 

そもそも、あーいう類いのブログがなぜ嫌いなのかというと、だいたいどの記事も"女子ウケするには無難が一番"に帰結してるんですよ。

いや、まあ確かに女子ウケ考えたら無難が一番というのは間違いではないと思うのですが、仮にもファッションについて語る奴が何"無難"でまとめてんねん、と。

てか女子ウケとか気にしてる時点でダメ。カス。

 

まあ、それをひっそりポツポツと書いてるなら「今日もオナニーご苦労さんッ!w」って感じなのですが、どの記事を見ても「ドヤァ」と画面上から聞こえてきそうな位上から目線なんですよね。

いや、お前らどんだけ自分のファッションに自信あんねん、と。

まあ、ブログもそういう記事も所詮書いてる人の公開オナニー会場だから「嫌なら見るな」と言われたらそれまでなのですが、僕が嫌なのはそれらのせいでファッションに興味ない人達のファッションに対する認識が"無難が一番"になってしまうことなんですよね。

 

ファッションにおいて、服は個性を出すもの、っていう認識は本当に服が大好きな人達がよく言うことで、少なからず自分もそう思っています。しかし、これをファッションに疎い人が知る訳もなく、適当にネットで検索かけてオナニークソ記事を見て「無難が一番なんだ」と思ってしまう事例が恐らく、かなり、あると思います。

それはとても残念なことなので、1つの記事を見て、同じような内容の記事だけを見て全てを判断するのはやめて欲しいのですが…。

 

まあ、実際ああいう記事に載っている服は叩かれても仕方ない位ダサいのですが、それをわざわざ祭りあげるのはまた違うかな、と。

実際クソダサい人見ても、面と向かって「あなたってとってもダサいですね」とは言わないじゃないですか。あってもツイッターで呟く位ですかね。

 

インターネットが普及して思っていることを"思い"のままに留めるっていうことがとても難しくなったと思います。

ツイッター、ブログ、\\mixi////、Snapchat、FacebookなどのようにSNSが普及して、新しい表現の方法が増えたことの代償に多くのマイナス面が浮上しているのは言わずもがなだと思うのですが、今回のそれもまた、マイナス面だと思うんですね。

 

色々言いたいことはあるのですが、この件についてファオタでもファッション業界の人間でもない自分がとやかく言い続けるのは滑稽なので、一言でまとめてしまいたいのですが、

 

"無難もいいけどファッション楽しむなら自分でいい服を買って街に出ろ"

 

ってことです。

 

高い服なんてただの布

布に高い金は出せない

 

という意見も多くあると思うし、そもそも興味が無ければそれまでだと思うのですが、いい服を着る、というのはやはり安価な量産品を着るのとは違う感動があります。

人体の細かい動き、シルエットを研究し尽くし、かつ最先端のデザインを施し、最高級の素材を使用して、超一流の職人によって魂を込められた服というのは値段以上の価値を孕んでいます。

 

私が服について言われたことで一番納得してしまった言葉は

「服は最も手に届き安い芸術品」という言葉です。

 

これは友人に言われた言葉なのですが、僕はものすごく納得してしまい、元々美術品が好きだったこともあり、そこから服について興味を持ったのですが、まあ本当にその通りなんですよね。

 実際、着て街に出ると量産品を着て歩いてる時と世界が変わって見えます。自分だけかもしれませんけどね。

 

 

 

はい、前半部分に書いてあることが全部自分にも跳ね返ってくることは解っていたのですが、案の定跳ね返ってくるので、この話は以上です。

 

 

 

 最近文章にやたら代名詞を入れたくなるんですよね。

あれ、これ、それ、とか。

 

代名詞使ってる時にふと「(この代名詞は文章のどの部分を表しているか、10字以内で答えよ)」的な受験の時に沢山解いた現代文の問題が頭によぎるのです が、受験生やり過ぎましたかね。

最早職業病。

この代名詞用法が好き過ぎるので、ブログでもよく使用してしまいがちなので、暇だったら「(この"それ"はどこを指しているのでしょうか)」ゲームでもしてみて下さい。

答え合わせはコメントでもなんでも受け付けてます。

 

まあ、代名詞乱用すると文章はスッキリするんですけど、読み手側が間違った認識のまま読み進めて最終的に「何言ってるのかさっぱり」という状況に陥りかねないのであまり良くはないのですけどね。

 

 

 

 

 

今回の題名はそのまんまの意味。

ライブ会場の主役はお前らじゃねえぞと言いたい。アーティストの面汚しも大概にして欲しいですね。

 

 

 

 

あ、そういえばBiS復活しましたね。やったぁ

 

ライブが楽しみです。WACKに所属してるアイドルのフェスとかも見てみたいですね。

 

 

 

言いたいことが沢山あって一貫性のないゴチャゴチャした内容になってしまったのですが、ふとドロリッチのフタ開けてみたら「なるほど」ってなりました。

 

 

以上

第十回 : 山ババア

 

山ガールって言葉あるじゃないですか。

あれ、歳を重ねた女性の方々を対象とする時はなんて言うんですかね。

「山ババアじゃね」とか思った方は人間性に問題があると思います。

こんにちは。お笑い芸人になるなら事務所はマセキがいいな、K多浪です。

 

先日、友人に「このブログも最初ほど面白くなくなった」と言われたので、体力面、精神面、あとついでに精力面を鍛える為に登山してきました。

山に登ることによって果たして精力がつくのかは知らないです。

面白さ向上の為には登ってないです。

このブログはいかんせん私のオナニー会場なので、何を言われてもスタンスは崩さず、ゆるく、やっていきたいと思います。

 

あ、でも素直な意見は本当に嬉しかったですね。そういうことを遠慮なく言える間柄って大事。本当。

あと、ちょいちょいでもたまにでも、少しでもこのブログに目を通して下さってる皆さんには本当に感謝してます。

 

アザーッすw

 

話が横道にそれたので本題に戻るのですが、今回は謎に登山欲が向上した地元の友人に誘われ登山しに行きました。

〜面の向上、というのは全部嘘です。

向上したのは標高位ですかね。はい。

 

今回登ったのは日本のエベレストと呼ばれている(*諸説アリ)こちら。

f:id:fgkaeh:20160704191915j:image

 

川苔山です。表記によって川苔山、川乗山と差異があるみたいですね。

 

標高は画像の通り1364m

自らの足でここまで登ったのは初めてでしたね。

感想としては「暑い」

これに尽きます。そもそも夏に登るのが間違いなのでは、と登山中700回位思いました。

 

でもあれですね。一度登り始めると絶対に登りきってやる、って思うんですよね。

どんなに疲れても途中で引き返すとかは絶対考えないんですよね。不思議。

 

最初は傾斜キツめの山道が延々と続きました。

f:id:fgkaeh:20160704192457j:image

 

この時、以前このブログで発表した大人気ゲーム、「ラーメン二郎ゲーム」のお披露目会を行ったのですが、何と言ってもアツイ、キツイ、サースティの三拍子が揃っている中行ったので全員の疲労度がグッとマシましたね。

あ、ラーメン二郎ゲーム、この後も何回かやったのですが割と楽しかったです。

 

マシマシ!w

 

あと、あれですね。季節柄虫が多かったです。常に耳元で虫の羽音が聞こえてました。

最初は「あー、うっざ!」とか言いつつ、クスリの禁断症状ってこんな感じかな、とか思ったりしてたのですが、人間の慣れとは怖いもので、頂上に登頂する頃には全くと言っていいほど羽音が気にならなくなっていましたね。

「俺、アフリカ人になってもうた」と本気で思いました。

 

で、この山は結構難易度が高かったらしく道が結構険しかったんですね。

f:id:fgkaeh:20160704193559j:image

これとか

f:id:fgkaeh:20160704193635j:image

これを見てもらえばわかる通り一歩間違えば普通に死ぬような道ばかり。

 

友人が「お年寄りが登ってるくらいだし余裕っしょ」などと言っていたので結構ナメてかかったのですが、間違いでした。

 

f:id:fgkaeh:20160705080016j:image

この画像の真ん中らへんに"急斜面注意"って紫色の字で書いてあるのわかりますか?

 

このルートで行くと、他のルートよりも700mほど距離を稼ぐことができたのと"せっかく来たし行ってみようや"的な気持ちがあったので、果敢にも挑戦したのですがこれが結構間違いでした。

f:id:fgkaeh:20160705080508j:imagef:id:fgkaeh:20160705080524j:imagef:id:fgkaeh:20160705080538j:imagef:id:fgkaeh:20160705080554j:image

もうね、クッソ険しいの。

完全に登山ガチ勢に向けた注意でした。

写真だと斜度や険しさが伝わり辛いのでとてもとても残念なのですが、年寄りには登れないルートでした。マジで。

 

自分は童心を思い出してアスレチック感覚で登って行けたのでとても楽しかったのですが、友人は少しキレてましたね。

「いや、これ道なかったらどうすんの?降りれないよ?」ってずっと言ってましたね。

でも、本当、そんくらい険しい。

ただ、自分は楽しかったですね。本当に

 

で、登り始めて3時間〜4時間位かけて登頂。

 

下りは景色を変えたかったので違うルートから下りたのですが、ここでも友人キレてましたね。

f:id:fgkaeh:20160705081322j:image

すんごい急な斜面があったのですが、友人曰く「危機管理能力無さすぎやろ、って思った」

とのこと。

確かにこの時の僕の格好は場違いだったかもしれません。

登山客に「(え…?)」みたいな顔を割とされたのですが、その時の格好がこれです。

f:id:fgkaeh:20160705081540j:image

 

完全にフェスのスタイルですね。

普段全然登山を嗜まないので服がなかったんですよね。

なんか、今見るといきなり飛び跳ねかねない程度には頭悪そうな格好ですね。

 

で、別ルートから行くとかなり綺麗な滝がある、ということだったのでその滝を目指してひたすら下山しました。

 

全員の飲み物が切れかかった頃、その滝に到着しました。

 

f:id:fgkaeh:20160705081844j:image

 

その滝がこれです。圧巻でした。曙太郎を生で見たらこんな感じかな、って位圧巻。

 

ちなみにこの時暑さと疲れで少しイライラしていたのですが、左下に映ってるカップルが我々の到着したタイミングでキスしてたんですね。

映画のワンシーンみたいで綺麗だったんですけど今にもおっぱじめそうな雰囲気出してたので、私同様イライラしていたであろう友人が「いや、邪魔するしかないっしょ」

と言ったので、追いついて来た別のグループと共に勢いよくツッコミました。

 

でも滝ってすごいですね。

まず滝壺から吹く風が最高に気持ちいい。

それと空気が最高に澄んでいて、少し周りよりも涼しくなっているのが最高でした。

ビールがあればもう言うこと無しだったのですが、あいにく持ち合わせがなかったので、足だけ浸かって、荒みかけていた精神を浄化しました。

これ、ヒーリング効果もすごくて、到着時はマジで許せなかったカップルに対しても、帰る時には少し申し訳ないと思う位には回復することができました。

後喉乾いてたからアホみたいに飲みました天然水

色々浮いてたけどきっと綺麗っしょ。お腹下してないし。

 

 

 

で、そこを堪能した後は下山。

日に照らされた山の緑が爽快すぎて印象的でした。

f:id:fgkaeh:20160705082625j:image

 

 

 

山とか登ってると怖い場面って少なからずあると思うのですが、自分が今回一番怖かったのは遭難とか滑落ではなく得体の知れない動物の鳴き声が聞こえた時でしたね。

本当に怖い。とりあえずでんでんぱっしょん大音量で流した。

 

まあ、正体はコイツだったんですけどねf:id:fgkaeh:20160705085626j:image

 犬でした^ ^

 

なんだかんだで山を堪能したんですけど、何が言いたかったかって滝でビール飲も。

本当に最高なんで。

 

おわり

 

 

 

 

 

第九回 : おかちまち

こんにちは、最近茶髪の大学生にラリアットかましながら登校したい衝動をギリギリのところで抑えていますK多浪です。

 

さて、結構前に「今なら1コメ狙えるよ!」と書いたこのブログ。

なんと、今でも1コメ狙えます。やったね。

閲覧者の方々がグルになって「このブログには死んでもコメントしない運動」でも行っているんですかね。

最近書くこともないのでお題などをコメントしてくれると嬉しいですね。

あ、でもただの悪口とかは辞めて下さいね。

最近涙腺が緩くなってきたので泣きます。普通に。

 

今、満員電車に乗っているのですが、頭頂部がハゲてる人の頭頂部に立派な白髪が生えてるととても引っ張り抜きたくなりますね。

欲を言えば「えいやっさ」って言いながら抜きたい。

特に得る物は何もないんですけどね。純粋な好奇心ってやつかな。好奇心満たすのってたまらないですよね。

 

最近、自分の好奇心をくすぐるモノが減ったんですよね。歳でしょうか、いいえ、精神的な衰えです。

自分は昔からやりたいことをかじったら満足してしまうタイプなので何かを突き詰めたことないんですよね。

突き詰めるタイプの人間が本当に羨ましいですね。

 

そんな人間が好奇心失ったらもうね、ただのタンパク質の塊ですね。話せるタンパク質。

あ、話せるタンパク質君って名前のLINEスタンプ作りてえな。作ろ。

てか生まれたわ。好奇心。話せるタンパク質君って名前よくね?

愛嬌があるね。

 

今回は本当に更新するネタがないんですよね。

ブログの冒頭に書く軽い挨拶はめちゃくちゃ浮かんで来るんですけどね。

 

あ、ネタありました。

最近人生2回目の王将に行ったんですね。

しかも同じ下北沢店。

王将って軽く食べれるマック的な認識だったのですが、初めて王将った時に量の多さにビビりましたね。

いかんせんガチ飯。全然軽くない。

そんなこともあり、2回目は何も物怖じすることなく、気合いたっぷりで挑みました。

んで、王将ユーザーの方はわかると思うのですが、セットメニューってどれを選ぶか迷いませんか?

オススメや「俺(私)はこれ1択」っていう方程式をお持ちの方は是非教えてください。

 

あのセットメニューってサイドメニューが微妙に違うじゃないですか。

我は天津飯か炒飯でメッチャ迷ったんですけど、サイドメニューにだいぶ迷わされましたね。

 

んで、ここからが本題なのですが、キムチあるじゃないですか。

僕が頼んたメニューのサイドメニューにキムチがついてなかったので単品で頼んだんですね。

そしたら「ない」と言われまして。

でもセットで頼んだ友人のキムチは出せるっぽかったんですよ。

まあ、最後なのかな。とか残念に思っていたら友人が「いらないからあげる」と言ってキムチくれたので、楽しみに待っていました。

 

んで、キムチ来たんですよ。

やったぁ〜とか思ってキムチ見たら

 

 

コレ

f:id:fgkaeh:20160629235029j:image

 

いやいやいやいやいやいやいやいや、

お、れ、の、キムチ〜〜〜〜〜!?!?!?

 

 

コールみたいになっちゃったけどマジでそんな心持ち。

金魚かて。いやいや、金魚かて。

いくらなんでもちっちゃすぎやろ、と。

こんな量なら前の人に沢山入れてやれやと思いました。

しかも辛い。俺、辛いの苦手なんですよ。

いや、まあ、じゃあなんでキムチ頼んでんねん、って話しなんですけど。

辛くないキムチあるじゃないですか。自分それがめちゃくちゃ好きでして。

ビールのつまみに最高なんですよね。

納豆とも合うし。

 

とりあえず王将で今後キムチを頼むことはありません。てか、キムチってなんだかんだスーパーで売ってるやつが一番うまくね?

 

 

あ、キムキムキムチ君って名前のLINEスタンプ作ったら売れそう。

売れねえか。

 

 

 

第八回 : 大きなのっぽの古時計

f:id:fgkaeh:20160628030839p:image

某アイドルグループの公式LINEに癒しを求めてスタンプ押したらボコボコにされました。


こんにちは。
平井堅さんの名曲、「桔梗が丘」の替え歌で「キツみが丘」という替え歌を披露したさに溢れている今日この頃です。

現在深夜1:00私は持ち出したことをすっかり忘れていたお昼御飯用のお弁当をなぜかこの時間に処理し終えたところです。
このブログを更新する5時間前に餃子の王将でたらふく食べて、さらに晩御飯の残りをレンジにかけたところでお弁当の存在に気づいたので本当にお腹が苦しいです。

 

さて、今日のお話は"私の周りにかっこいい人が多すぎる問題"についてです。

 

自分の哲学を持って生きている人ってかっこ良くないですか?

って話。

 

最近目で追っちゃうんですよ。そういう人。

自分持ってるってそれだけで魅力的なんだなと思いました。だってかっこいいしね、実際。

また、その人の行動に無意識に合わせようとしてる自分に気づいて落胆したりするんですけどね。

 

 いらん気を使いすぎて自分を見失ってる人って沢山いると思うんですよね。かく言う自分もその1人。

だからこそ他人に流されず、社会に流されず、「俺はこうだからこう。」って人が輝いてみえるのでしょうね。

 

実際そういう人の方が人間的な魅力に溢れてるし、なんか面白いんですよね。

その分、自分を曲げることがないのでそういう人が苦手な人も多いとは思います。

 

先に「いらん気を使いすぎてつまらない人間になった」的な事を述べたのですが、気を遣うことが悪いことだとは言ってないので、あしからず。

最近、気遣いで感動する出来事があったんですね。

いや、まあめっちゃ普通っちゃ普通のことなんですけど、後輩とサシで飲んでた時に後輩がお金を崩すためにコンビニ行って、その間に自分が会計済ませてたのですが、その時に自分の分の水も買ってきてくれてたんですね。

ある程度歳を重ねた人や普段から人に心から気を遣える人からしたら当たり前だとは思うのですが、何せ自分の周りにそういう出来事があまりなかったのでなんか感動してしまったんですね。

 

そして、こういうことってとても大事だなぁと思いました。

 

 

 

更新中のコンディションが悪すぎて文章の質がめちゃくちゃ下がってるので話題を変えます。

本当にヤバい。冷静にここまでで俺、色々思いますすぎるだろ。まあいいや。

 

 

小学生の時に14人位しかいないサッカークラブでベンチの重鎮と呼ばれていた(*諸説あり)ことをふと思い出したのでサッカーについて語ります。

ちなみに高校時代はベンチ外のダイナモと呼ばれでいました(*諸説あり)

 

はい、今年はサッカー熱がアガる歳ですね。

コパアメリカにユーロ。アツい。アツすぎる。

この"アツ"はクリスティアン・アツの"アツ"ではなく熱いの"アツ"です。

 

このネタはわかる人読者に1人いるかいないかだと思うのですが、どうしてもやりたかったのでわからない方はそういう選手がいるんだな位に思ってくれれば幸いです。

 

コパアメリカはチリが優勝しましたね。チリめっちゃ強いんですね。無敗記録23まで伸ばしてたメキシコ相手に7-0だし、圧倒的だと思ってたアルゼンチン相手にPKとはいえ勝っちゃうし、すごいね。

実際コパアメリカは全然試合を見れていないので特筆する感想もないのですが、ユーロよりも面白そうだなあと、シュートシーンなどを見て思いました。

 

ユーロに関しては波乱が沢山ありますね。

直近だとサッカーの母国イングランドが競技人口100人しかいないアイスランドに負けましたね。

もうビックリ。ビックリしすぎて試合途中で寝たよわたしは(AM4:15位)

 

あとは、ウェールズハンガリーグループリーグを1位で突破したことと、北アイルランドグループリーグ突破したことですかね。

 

スコットランド以外はグレートブリテン及び北アイルランド連合王国に所属するチームが全て決勝トーナメントに出場する形になりましたね。

あ、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国はイギリスのことです。あ、ここテストにでますよ。

 

 

はい、そんで、大体のサッカーやってたウェイは優勝国予想とかして友人と賭けとかしてたりすると思うんですよね。

自分はウェイではないのですが、例に漏れず優勝国予想をしておりまして。

自分達の場合はポット毎に賭け金が変動し、優勝国をポット1〜4の中から3カ国選定する。

というものなのですが、

自分はドイツ、イタリア、フランスを挙げ、

友人はフランス、スペイン、イングランドを挙げたのですね。

フランスは重複したので自分は、ベルギーに変更したのですが、まあ、これが上手い具合にハマりましたね。

 

現段階で自分の列挙した国は3カ国ともベスト8に残っているのですが、友人の挙げた国はフランス以外敗戦してしまったので正直、自分はオマツリ状態です。ワーオ

 

実際フランスが大本命なのであまり安心は出来ないのですけどね。

自分は見れていなかったのですが、友人曰く、前の試合でフォーメーションを4-3-3から-4-5-1に変更したらそれがめちゃくちゃハマってたらしく「覚醒した」との御言葉を頂いたので「ふおぉ:;(∩´﹏`∩);:」とだけ言っておきました。

 

ところで、予選では結構面白い試合が多かったみたいなのですが、決勝トーナメントとなると負けられないので塩試合が増えましたね。

しかし、イタリアとスペインの戦は凄かったですね。本当に面白かった。

なんと言ってもイタリアのカテナチオ(分からない人に言っておくと下ネタではないです)とパスサッカーが完全にスペインを封じ込めていましたね。

 

スペインのように高い位置からハイプレスをかけていくスタイルのチームはイタリアのような3-5-2のスタイルのチームには不利だとシャビも言っていたのですが、ドンピシャでしたね。

 

友人はこの試合を観戦している時、ボケカスだのハゲだの言いながらスペインにキレていたみたいです。可愛いですね。端からみたらパソコンに怒鳴っているだけですからね。It's so ユニーク。

 

そんな感じでこれからのユーロも楽しみですね。

個人的な見どころはウェールズアイスランドかダークホースになれるのか、本命のフランス、ドイツがどこまでいけるのか、ですかね〜。

またその辺は追々報告します。

 

 てか、1つの記事で一人称が3回変わるってヤバくないですか?国語やり直してえよマジで

次は一人称毎回変えてやってみようかな。

某、とか我、とか己、とか言ってみたいもん。

 

 最後に皆さん、「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」って10回言ってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言えましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にちゃんと言えましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10回言えたみたいですね。

本当におめでとうございます。

 

 

 

〜fin〜

 

 

第七回 : 和式トイレのフィロソフィー

 

先日、小学生の相撲大会を見る機会があったのですが、私、深く感動したんですね。

 

何がって、小4の男子ですげえちっちゃい子が体格的に勝てそうもない子にバンバン勝っていってしまいには優勝したんですね。

もう、私、パパになっちゃって、もうめっちゃ応援したんですね。接戦の時とか本当にヤバかった。一応、スタッフ側だったこともあり仕事があったので無言無表情だったのですが、心で叫んでましたね。

応援する親の気持ちがわかりました。あれは声でるわ。

 

んで、思ったことが1つ。「大人ってエゲツないな」と。

私もパパになっちゃったので気持ちはわからんでもないのですが、声援がエグいんですよ。

取組前に子どもの名前が呼ばれるんですけど、片や親の声援のみ、片や地区全体で大声援、みたいな。

しかも子どもの名前言い続けるんですね。騒いでる輩どもは。\\\ たーかし ////\\\ ٩( 'ω' )و ////\\\ たーかし ////みたいな。

もう、応援の少ない方がかわいそうすぎて。

男の子だったら「このアウェイの中勝ったら俺めっちゃカッコいい」とか思ってより頑張れるのでは、と思うのですが、女の子にもやるんですよ、コレを。

本当にええ加減にせえよ。と思いましたが、何度も言うように私もパパになってしまったので気持ちがわかってしまい、なんとも言えない渋い気持ちになりました。

 

あ、あとめっちゃムカついたこともありました。

最後の決勝戦を観戦していた時に通りすがりの夫婦が来たんですね。

俺の応援してたちっちゃい子が優勝した直後で、俺のメンタル状態はまさに"スティーブえおきが流れるクラブ"状態だったのですが、その夫婦が小5の決勝戦だけ見て、奥さんの方が「なーんだ、圧倒的じゃない。」みたいなこと言って帰ったんですね。もう冷める冷める。

もう一瞬で八王子のクラブ状態。行ったことないからわからんけど。

 

確かに、小5は1人だけ圧倒的な子がいてアッサリ優勝しちゃったんですけど、「え、この子達のここまでくる過程をその一言だけで片付けるの?」と。

 

私、物事の本質を捉えずに表面的な所だけみて知ったように語る輩大嫌いなんですね。本当に。

BEAMSの服着てドヤってる大学生くらい嫌いです。

 

このオバさんもそこに至る過程を一切見ずに、その子達がどれ位頑張ったのかも知らずに冷たい一言だけで片付ける。

まるで全てがそうであるかのように。

 

私は思いましたね。浅ッ!って。

そういう人間は浅いと思うんですよ。何もかもが。いい歳こいて、どんな薄い人生送ったらそんな浅い人間になれるんだよ。と心の底から思いました。

歳とった時に深みが出ない人は死んでいるのと同じだと思うんです。これは完全に自分だけが思ってることなんですが。

せっかく生まれたのになーんにも考えず適当に生きるのって楽しいんですかね。

 

楽しければいい!誰よりも楽しく生きてる!って思ってる人をdisってるんじゃないです。だってそれは生きることの真理だし。

逆にそういう人間は何も考えていないようでめっちゃ考えてるし、自然と深みが出てくると思うんですね。

 

自分が本質を見極められる人間かどうかなんて自分でわかることではないと思うし、考えても答えなんて出ないんですけどね。

少なくとも表面的な事柄だけを見て物事を判断するような人には、少なくともこのブログを何らかの形で見てくれている人達にはなって欲しくないです。

 

めっちゃ上から目線になったなオイ。

これじゃあ飲み会で知らないゲームが出てきた時に「えー!知らないのー?笑」と言ってくるウェイと変わらないので、読者よりも圧倒的に下の立場に立つために

 

「うんちだーーーーい好き!!!!!!!」

 

とだけ言っておきます。ちなみにうんちは好きではないです。あたりまえだけど。

好きな人がいたらごめん。でもそれあんま良くないよ。たぶん。

 

なんか、めっちゃうんちうんち言って汚い記事になりそうなので、清潔感あることいいます。

 

エアークリーナーは細菌を沢山撒き散らすからみんなハンカチを持ち歩きましょう。」

 

 

はい、キレイキレイ。

 

プレジデントかなんかの雑誌で見たのですが、ハンカチ2つ持ち歩く人は稼げるらしいですよ。

2つの理由は自分用と、何かあったときのために差し出す用です。

だって、冷静に考えて自分が手を拭いたハンカチを他の人に差し出せなくない?

マンガやドラマで颯爽とハンカチを差し出す美男美女はみんなハンカチ2つ持ちってことですね。

みんなもハンカチ2つ持ち歩いて美男美女になっちゃおう!!!!!!

少女向け雑誌の見出しみたいですね。

 

ちなみに私この前ZIPPRという女性向けの雑誌を買ったのですが、友人に「良く買えたね」と言われました。

買う時はドヤ顔で「これ妹へのプレゼントです」感を出して買ったのですが、冷静に考えて私妹いないんですよね。

 

なんかもうエロ本でも、大人の玩具でもこのスタンスでいけばなんでも買える気がしたのですが、使う機会がないので買わないです。哀しいですね。

 

 

 

ちなみに題名は適当に思いついたものなので、和式トイレについては何も話すことはありません。あ、あったわ。使い辛いですよね。

前回題名つけ忘れたので、今度から題名考えてから更新することにします。ちなみに今回のは1秒くらいで捻り出しました。

 

捻り出すってアレみたいですね。

あ、今のでうんち浮かんだ方は脳内が汚染されている可能性があるのでなんとかした方がいいですよ。

 

では